MENU

パパ活サイトで体ありで募集してはダメ|その理由は?

パパ活が最近、ちょっとしたブームになっていますが、こういうものにトライする場合、ちょっと気をつけておきたいことがあります。

 

それは、肉体を提供することをうたってパパを募集するのはやめておいた方がいい、ということです。

 

なぜ体ありで募集してはいけないのか

その理由はいくつもあります。

 

まず、売春防止法に抵触する可能性が全く無い、とはいえないからです。

 

売春防止法で売春は禁止されていますが、管理売春でなければ罰則が無いので、現状では個人間の売春での摘発はほとんどありません。しかし、いつ法律の解釈が変わってくるかは、当局にしかわからないことなので、そういうことはやめておいた方が安全です。

 

パパ活では何度も会うことがメリット

また、男性の場合、最終目的を最初に達成してしまうと、それで満足してしまい、次から継続的に会うことをしなくなる可能性があります。

 

パパ活においては、何度も会うことがメリットとなるので、体のことに限らず、最終的な満足感を相手に与えてしまわないことが大切なことです。

 

それだけでなく、身体の関係を持ってしまうと、相手は愛人と勘違いし、私生活をいろいろ拘束しようとしたりして、トラブルに発展する危険があります。

 

パパ活トラブル

 

パパ活においては、爽やかで一定の距離を保った関係にとどめておくことが、揉め事などに遭遇せずに目的を達成するための秘訣となります。